先生のためのマークシートのページ

インストールなしでお手軽~♪ テストの採点に追われていませんか? ☆タイトルをクリック☆

おたすけコーナー

サポートします!ていっておきながら、

その実、見てる人に助けてもらうコーナーです(^^♪

 

<今日のお題>

Macで、最新のjavaなのに動かない・・・😢」旨のコメントが届きました。

そこで、MacでSQS使えている人、募集中~♪

その場合の、javaのバージョンや環境(?)もよろしくお願いします。

 下からコメントください~!

 

管理人のつぶやき

・職場でインストールできない(権限なし)PCを使用

 →ポータブル版javaでやってみた

 →ら、できた

 ぐらいの経験しかないので、この辺暗いです。

Mac版 jPortableとランチャー が必要なのでしょうか?、、、

・SQSは古いので、”最新”でないほうがいいのかもしれません。

【1】 アンケートもらくらく集計~♪ マークシート

アンケートの集計に困っているあなた、

 

   「それ、マークシートにしませんか?」

  

こんなのができます~♪

 こんなアンケートを作ると、、、

   

 

  こんな感じに集計されます~♪

   

   

 

    わたしはアンケート集計のときに、、

   紙をペラペラして・・、正の字を書いて・・、途中でわかんなくなって・・、

    あぁ~、、もぅ、  ってなってました、

    でも、これにしてからは、

   こんなストレスがなくなりました~♪(パチパチ)

 

 

 

 

【2】 こういうものが必要です

マークシートの処理には、つぎの1~4が必要です、

  1.パソコン

      職場のやつでいいです、

  2.スキャナ(連続で読み取るやつ)

      f:id:sqssqs:20180729131832j:plainとか、f:id:sqssqs:20180729101209j:plainとか、f:id:sqssqs:20180729101202j:plainとか、

            検索は、、   画像を右クリック → ・・・画像を検索、

  3.ソフト

     この後のページからダウンロード、(インストール不要、デスクトップに置くだけ)

     または、

     ・やまぐち総合教育支援サイト とか、

       先生のページ > 校務の効率化 >アンケート作成・集計システムSQS 

     ・取手市教育委員会 とか

       >学校評価研究 >SQS資料&ツール集

     ・まなびネット岩手 とかから、

       トップ>中断右、 SQS のボタン

     「SQS」をダウンロード、

    

  4.エクセルのスキルを少々

     ソフトがグラフまで作ってくれますが、自分で加工したいときは必要です、

 

 

 

 

 

【3】 ソフトをダウンロードします

 ここから、ダウンロード、

  sqsソフトいろいろ.zip - Google ドライブ

    ・・・ (5分以上かかるかも?)  ・・・ 

 

   ダウンロードがおわったら、右クリックして、すべて展開、      

    f:id:sqssqs:20190118215828p:plain   

  

  下の f:id:sqssqs:20190119155618p:plain マークシートソフト本体、 

     f:id:sqssqs:20190119141807p:plain

 

   wクリックで、動けばこんな感じ、

  f:id:sqssqs:20190119104430p:plain

 

  動かないんですけど?・・・

    1原稿作成~ を右クリック → プロパティ → 変更 → その他のアプリ

    → 上の f:id:sqssqs:20190119155457p:plain にある、f:id:sqssqs:20190119104222p:plainを選択、

     →  1原稿作成~ をもう一度wクリック                              

 

     え?それでもだめなら??

       f:id:sqssqs:20190119104222p:plainのショートカットをつくってwクリック →

       なんとか  1原稿作成~ にたどり着いて、wクリック(う、動いてくれ~)

           

 さらに、

   PDFtiffに変換するソフト と、

     tiff分割するソフト も準備します、

 

   それぞれの中にある f:id:sqssqs:20190119154145p:plain のショートカットを用意します、

    f:id:sqssqs:20190119151610p:plain

   番号をつけておくと、使う順番がわかりやすいです、

     f:id:sqssqs:20190119152250p:plain

    これで準備完了です~

 

 

 

 

 

 

【4】 こんな手順です

 準備ができました、

 次は手順をお話しします、①~⑤です、

  ① マークシートを作ります

     f:id:sqssqs:20190120220107p:plain

        詳しくは、 【5】 マークシートを作ります  で、

 

  ② アンケートを実施します

      マークシートを白い紙(更紙は避けて)に印刷印刷機でOK)して、

     アンケートを実施します、

 

  ③ スキャナで読み取ります

     回収したアンケートをスキャナで読み取って、PDFにします、

        詳しくは、 【6】スキャナで読み取ります  で、 

 

  ④ PDFをtiffに変換、分割します

     f:id:sqssqs:20190120221914p:plain

        詳しくは、 【7】 PDFをtiffに変換、分割します  で、

 

  ⑤ 集計します

    f:id:sqssqs:20190120224813p:plain

         詳しくは、 【8】 集計します  で、

 

 

 

 

 

【5】 マークシート(原稿)を作ります

ここからは実際の作業のお話です、

  1)こちらを開きます、

    f:id:sqssqs:20190120220107p:plain 

    f:id:sqssqs:20190119104430p:plain

 

  2)このサンプルを使ってみます、

      右上 f:id:sqssqs:20190420150409p:plain をポチして、

    

 

      f:id:sqssqs:20190121230609p:plain からダウンロードしてください、・・・

    f:id:sqssqs:20190121230533p:plain


      できましたら、このようにドロップしてください、

     f:id:sqssqs:20190121231624p:plain 

 

  3)このように対応しています、

    f:id:sqssqs:20190122000750p:plain

 

  ア について

    こちらは 「説明書き」 など に使います、

    編集したい行をポチして、右側でワープロ打ちしてください、

    改行 がないので、行ごとに f:id:sqssqs:20190124031518p:plainを右クリックコピー、

     クリックした枝の「前」(または「後ろ」)に貼り付け して入力してください、

    大きい字は f:id:sqssqs:20190124031311p:plain を使います、

    文字サイズは、この2種類しかありません、 

    あと、 元に戻す  がないので、慣れるまで少し面倒です、

 

   f:id:sqssqs:20190124012314p:plain について、 

    こちらは、いくつもの質問をまとめて 表 にし、

    「 同じ答え方を択一式 」 で要求する場合にぴったりの書式です、

    編集には、下の f:id:sqssqs:20190121230609p:plain をポチ、右側を書き換えます、

   f:id:sqssqs:20190122232722p:plain

    右側 列の定義 をポチ、答え方の編集ができます、

   f:id:sqssqs:20190122233913p:plain

     設問や、答え方を増減したいときは、下の f:id:sqssqs:20190121230609p:plain を順にポチ、

   f:id:sqssqs:20190123000828p:plain

     増減したい範囲をドラッグ、右クリックして、「カット」か「コピー」を選びます、

    貼り付けるときは、再度右クリックして、「前」か「後」に貼り付け を選びます、

   f:id:sqssqs:20190123001830p:plain

 

     

     ~ ちょっとより道 ~

      【編集状況が気になるとき】

        少しいじると、で、どうなったか気になります、

        そんなときは、下をポチると、PDFで様子を見ることができます、

        f:id:sqssqs:20190124013103p:plain

               

      【作業を中断したいとき】

        このPDFを保存しておいて、ドロップして再開します、

 

 

 

  f:id:sqssqs:20190124015813p:plain について、

    こちらは、 質問ごとに選択肢が異なる 場合によい書式です、

      と同様に編集できます、

    右の レイアウト で選択肢をいくつずつ並べるかを選べます、

    また、 表示幅 の調整もできますので、試してみてください、

   f:id:sqssqs:20190124020555p:plain

 

 

 

  f:id:sqssqs:20190124021406p:plain について、

    こちらは、イウと違い、「 複数選択式 」 の書式です、

    いくつでも選んで可  のときに使用します、

      編集についてはイウと同様です、

  

 

  f:id:sqssqs:20190124023615p:plain について、

   こちらは、「 記述式 」 で、選択肢が用意できないときや、

   イラストなどを記入してもらうときに使います、

    集計時にはこのように、まとめて表示されます、

 

      f:id:sqssqs:20190124030456p:plain  

  一通りの説明は終わりました、

   ア~オを駆使してお望みのマークシートができましたら、

   f:id:sqssqs:20190124222952p:plain で表示されるマークシートを保存してください、

   これがアンケート実施時の 原稿 となります、

    ※この原稿は、【7】 PDFをtiffに変換、分割します

     で使いますので、大事にとっておいてください。

   また、新規作成 も用意されていますが、テンプレート(ひな形)になっています、

   ファイル(F) → 新規作成  から、よさそうなものを選んでください、

 

 

 

 

 

 

【6】 スキャナで読み取ります

  【5】マークシートを作ります で作った原稿を(白い紙に)印刷して、

     アンケートを実施、

   回収したアンケートをスキャナで読み取り、PDFにします、

    わたしが職場で使っているものは旧タイプのスキャナですが、

   これを使ってお話していきます。

         f:id:sqssqs:20180805220753g:plain

  ① スキャナの扉を上下ともすべて開き、回収したアンケート(マークシート)を

    本体上に次のようにセットします。

      ・上限40枚くらい     ・上向き・表を手前に  

      ・後ろ側から引き込みやすいように、紙を少しづつずらしてセット 

           f:id:sqssqs:20180811130952j:plain

  ② 次にスキャナの設定です、およそ下図で不都合なく使用できています。

    タスクバーの f:id:sqssqs:20180810235131p:plain を右クリック、スキャンボタンの設定  →

    読み取りモード → 図のように各選択を設定 → オプション 

    → それぞれにチェックをつける → OK  (画像クリックで拡大表示)

    f:id:sqssqs:20180810234156p:plain

     ※ 読み取り濃度 は、裏写りするときは薄めに設定してください。  

 

  ③ 本体右にある、青ボタンを押してスタート、読み取り終了 をクリック、

    f:id:sqssqs:20180811131852p:plain

 

  ④ PFDファイルが作られる 

  

 

 

 

 

 

【7】 PDFをtiffに変換、分割します

   まず、【6】で読み取ったPDFファイルを、tiff形式(画像ファイル)に変換します、

    ①f:id:sqssqs:20190126094043p:plainを開き、【6】のPDFをドラッグアンドドロップ

     f:id:sqssqs:20190126092131p:plain

 

   ② ファイル、エクスポート、画像にエクスポート と進む、

     f:id:sqssqs:20180811235743p:plain

 

   ③ 下図のように設定、OKをクリック、

     f:id:sqssqs:20180812010149p:plain

 

    ④ tiffに変換されたファイルができる

 

  つぎに、このtiffファイルをソフトが処理できるよう、1ページずつに分割します、

  ここでは、01,02,03・・・と番号をつけてくれる、 f:id:sqssqs:20190126095618p:plainを使います。

    ① f:id:sqssqs:20190126095644p:plainを開き、フォルダ*に入っているtiffファイルをドロップ、

      (*分割時に散らからないよう、予めフォルダに入れてください)

     f:id:sqssqs:20190126220219p:plain

 

   ② ファイル、分割、と進んだら、閉じる、

     f:id:sqssqs:20180812214512p:plain

 

   ③ 分割完了、ここで分割前のtiffファイルは削除、

     【5】で作ったマークシート (原稿) をコピーして入れてください、

     f:id:sqssqs:20190126144400p:plain

       ☆間違いポイント☆

      ここに出てくる、マークシート(原稿) について、

      これを記入済みアンケートのPDFと間違うことがあります、

      これは、【5】マークシートを作ります で作ったマークシート

      PDFファイルですので、気を付けて、  


  ・・・これで集計の準備ができました、

 

 

 

 

 

 

【8】 集計します

    ようやくアンケート集計です、ここまで 面倒 なこともありましたが、

    ここですべてが報われるというか、 それ以上 というか、

    そんな気持ちになると思います、 もう少しお付き合いください、、、

 

   ① f:id:sqssqs:20190126211414p:plain を開いて、【7】のフォルダドロップ、

    f:id:sqssqs:20190126214528p:plain

   

   ② f:id:sqssqs:20190119155618p:plain をポチ、ウィンドウが出るので、f:id:sqssqs:20190119155313p:plain をWクリック、    

    f:id:sqssqs:20190126221815p:plain


   ③ 自由記述一覧 で記述欄をまとめたものが表示され、

     集計結果一覧 で表とグラフで集計結果が表示されます、

     XLSファイル形式 でエクセルデータが手に入ります、

       f:id:sqssqs:20190126222235p:plain

 

 

         見ました?・・・見ましたよね?!

      いや~驚きですよね、これがずいぶん前からあったなんて、、、

       もう、紙ペラペラしなくていいんです~、うぅ、、、(泣)

 

 

 

    ④ でも、ブラウザ上で表示されるので、

    レイアウトの自由はありません

    そこで次のようにして、紙ベースで扱うことができるようにします、

 

     『PDFにする方法』

        右クリック、印刷(P)、

        f:id:sqssqs:20190126223025p:plain

 

       送信先の 変更 をポチ、f:id:sqssqs:20190126224303p:plain的なのを選択、

       印刷 をポチ、保存、でPDFができます、

       f:id:sqssqs:20190126224228p:plain

 

    『画像にする方法』

       キーボードのプリントスクリーンキーを押し、

       エクセルやペイントに貼り付け、編集して使います、

 

 

               大変お疲れ様でした、いかがでしたか?

               わたしはもう、これなしには仕事ができない感じです、

                 ミスもイライラも解消です~♪

               職場でも、皆さんにご紹介ください~

 

 

 

 

 

マークシートで楽々~♪

 テストの採点に時間を取られ、困っているあなた、

 マークシート、やってみませんか?

         ※ご注意ください・・・一度はじめたら、手採点には戻れなくなります

SQSってソフトを使います

 必要なものは、

  1)職場のパソコンとプリンタ

  2)SQSってソフト、PDFを変換できるソフト

  3)スキャナ(連続で読み取れるやつ)

  4)エクセルのスキル(簡単な関数がわかる)

サポートします~♪ (趣味だから無料です)

 「必要なソフト」は、 デスクトップに置くだけ (インストール不要、)

 「採点用ファイル」は、 私が使っているものをカスタマイズ

 「わからないこと」は、 コメントください (承認するまで非公開設定)

 これが SQS マークシートソフト(無料) 

「必要なソフト」はこちら、→ https://yahoo.jp/box/7KVeN8

   ・PDF編集ソフトや、サンプル原稿とかも入ってます

   ・すべてインストール不要

                f:id:sqssqs:20180719234222p:plain

                 

   しいからやだな~、、って人はこちらを検索

       ・超簡単SQS(岩手県

       ・SQS資料&ツール集(取手市

       ・SQSサポート情報 (千葉県総合教育センター)

       他にも色々あります、、

 

 「採点用ファイル」はこちら、→ https://yahoo.jp/box/vcljlL

   データを張り付けると、採点されて、個人票ができる

      f:id:sqssqs:20180719233205p:plain

       f:id:sqssqs:20180719233155p:plain

 使い方~  

     「SQS32はてな用18.10」の ファイルをすべて展開 すると、

           こんなのが入っています。

      f:id:sqssqs:20181010163924p:plain

     さらに「SQSソフト」を開くと、

      f:id:sqssqs:20181010164717p:plain

   下2つ(1原稿作成、4データ化)がSQSソフト本体です、

   2が PDFXEdit で、3が Multiff です。

    それぞれのフォルダ内の赤丸ファイルのショートカットを

   デスクトップに出しておくと、使いやすいです

 

   f:id:sqssqs:20181010165921p:plainf:id:sqssqs:20181010165700p:plain

     f:id:sqssqs:20181010170554p:plainf:id:sqssqs:20181012202121p:plain

無事つながったら、、 

それぞれ、下図のようなのが出ると思います。f:id:sqssqs:20180722204152p:plain

 

 ☆1原稿作成 4データ化 が動かない~(イラっ)☆

                   そんなときはこれ、

   JavaPortable・・・フォルダ 内の

    f:id:sqssqs:20181010172725p:plain

 

   JavaPortable・・・ファイル(コーヒー豆?)の

    f:id:sqssqs:20181010172937p:plain

 

   ショートカットをデスクトップに作って

     f:id:sqssqs:20181010175309p:plain

 

   ダブルクリック、もし警告が出たら 実行(R)を選択、

       f:id:sqssqs:20181010175946p:plain

 

   デスクトップ からリンクをたどって、

   1原稿作成(または 4データ化)を ダブルクリック、

    f:id:sqssqs:20181010174702p:plain    

     ・・・でどうかな~??